会員特典

  • 事務所ニュース
  • 人事戦略に役立つ特別リポート
  • 会社を元気にする小冊子
  • 最新のセミナーのご案内
  • 最新の法改正情報等

メルマガ登録

お申し込みはこちらからどうぞ!
Email
トップ  >  案内  >  小冊子のご案内

■会社を助ける知恵シリーズ



 zangyo.gif




「大手ハンバーガーチェーンが不払い賃金の支払い!」

「○○電力がサービス残業で●●億円の支払!」

 最近ではサービス残業が摘発されることは珍しくなり
ましたが、多額の不払い賃金の支払が経営へ及ぼす
ダメージは甚大です。単なる利益の減少にとどまりません。
企業のイメージダウンにより企業にとって何よりも大切な
「人財」の確保が困難になることが深刻な問題です。

 長時間労働は過労死やうつ病などの社会問題にもなって
います。企業の社会的責任が問われる中で、法令を遵守し
優秀な人材を確保することにより業績をアップしていくこ
とを目指しませんか。

 「サービス残業対策10の知恵」では、基本的な労働時間
管理と残業手当の削減について知恵をご紹介します。






 hokenryo.gif


社会保険料削減
10の知恵




 少子高齢化に伴う社会保険料負担の増加は、個人はもと
より事業主の皆様にとっても大きな経営課題となっています。

 厚生年金保険料の事業主負担率は、平成16年10月から
平成29年度にかけて毎年0.177%ずつ引き上げられます。
これは、年収500万円の従業員100名をかかえる企業の場
合、最終的に年間約1,200万円もの負担増になります。
今後は厚生年金保険料だけでなく健康保険料も引き上げら
れるものと予想され、社会保険料負担はますます増加する
ものと思われます。

 法律改正はやむを得ないことですが、このまま何もせず放
っておくことはありません。知恵を絞り、法律に適合した形
で社会保険料を削減してみませんか?

 「社会保険料削減10の知恵」では、社会保険(厚生年金
・健康保険・介護保険)の保険料削減についての知恵をご
紹介します。







machigai.gif


今までの人事制度
10の大きな間違い



 中小企業において、今後人を採用することも難しくなって
きます。せっかく採用した若い社員がすぐに辞めないで会社
に継続勤務してもらうことはさらに難しくなります。

 これからの中小企業に必要なことは、より良い組織文化を
醸成してゆくことです。企業の文化、いわば企業のDNAの
ような社風といったものは1年2年では形成できないかもしれ
ません。しかし、弱肉強食、個人責任主義、成果業績第一主
義などといぅた「脅しの人事」としか言いようのない価値観
を社内に蔓延させていては良い組織文化は形成されないでし
ょう。

 これからの人事制度・評価制度はこの企業文化をより良い
ものにするために改革してゆくことが必要です。

 人が育ち、人が能力を発揮している企業は成長します。
これかの企業は「普通の社員の力」を武器にしている企業、
すなわち「人を育て、活かす」企業が成長します。



 なお、小冊子のお申し込みは会員登録後、小冊子請求フォームから
お願い申し上げます。

注)なお、通常のお問い合わせからは小冊子の請求はできませんのでご了承くださいませ。
また、同業者の方のご請求はお断りしております。



プリンタ用画面
投票数:44 平均点:3.41
カテゴリートップ
案内
次
経営レポート